学校や教育でも

情報を管理するというところで社員証と似た物が、学生証です。
学生証も同様にカードプリンタで作成する事が出来ます。IC機能を備えることもでき個人の情報を管理することにも特化しています。

» 詳細を確認する

資格証にも

公共の場や官庁でも使われているカードをカードプリンタで作成することが出来ます。
ホログラムラミネート加工を使用する事で、偽造困難なカードを作成し、情報の信憑性を向上させます。

» 詳細を確認する

消耗品の特徴

カードプリンタを利用するに当たって、重要になるのがその消耗品です。
消耗品によって、社員証に適した物や資格証に適したものと言った、様々な媒体のカードが存在します。また、インクにも独特の加工が施され、さらにセキュリティを高めています。

» 詳細を確認する

プリンタ選び

カードプリンタを購入する時には、製品の性能やセキュリティ面はもちろんのこと、販売しているメーカーに関しても情報が必要です。
メーカー選びには社員証やセキュリティ面のノウハウがあるメーカーを選ぶ事が大切です。

» 詳細を確認する

パソコンを教える男性

会社に務める上では、セキュリティ管理が欠かせない事と言えます。
その為、多くの企業では社員証を導入しています。
社員証とは、それを身につけている人間がこの会社に所属している一員であるということを証明する事になります。
社員証は一種の社内身分証明証の役割を果たすものだと言えます。
また、精神的な側面からでも社員証は効果を発揮します。
社員が社員証を身につける事によって、会社の一員であるという認識をさせるためのアイテムとしても機能します。

社員証を作成するにあたっては、通常は企業などが存在します。
簡単な紙製の物であれば、社内のプリンからでも作成をすることは容易です。
また、カードプリンタと呼ばれる物もあります。
しかし、社員証がICカード制で、勤怠の記録にも使われる場合はそうも行きません。
そういった場合は専門の印刷業者やICカード作成業者に依頼する事になりますが、その場合は費用がある程度かかる上に、1人入社したらわざわざ1人分を発注する事は手間にもなり、コストも掛かります。
そういった事態を防ぐことが出来るのがカードプリンタと呼ばれるプリンタです。
通常の髪のプリンタとは違い、カードプリンタを使用する事で、ICカードの作成を自社内で行えてしまうというメリットが有ります。
また、カードプリンタは社内だけではなく様々な場所で使われています。

ピックアップ

サンプルページ

  • 新しいデザインの社員証を業者に作ってもらって気持ちを切り替えて仕事をするとはかどりますよ。